大規模病院では規模が大きい分、医療スタッフとの間に溝が生まれる事も多い

医師会のデータによると、医師の転職において最も転職理由として多いのが「人間関係」によるトラブル、ストレスです。
医師は日々多くの人たちと関わりながら仕事をしています。

たとえば同じ医師である上司・同僚・部下、そして医療スタッフである看護師、薬剤師、理学療法士、検査技師など。
これら医療スタッフは同じ職場で働く同僚ではあっても、その役割は微妙に異なっています。
看護師と医師を比べてもそれは明らかです。

医師は常に結果を求められるのに対し、看護師の場合は看護ケアを重視し、患者にいかに安楽に過ごしてもらえるか、心のケアなど治療中の過程や看護の質を重視しています。
「患者さんが苦しんでいるので、なんとかしてあげてください」という看護師に対して鎮静剤を投与する医師もいれば、「緩和ケアは病気の根本治療のために必要ない」という判断をくだす医師もいるでしょう。

同じ医療スタッフでも視点や目的が違うため、両者の間に溝が生まれる可能性は十分あります。
その溝が深くなればなるほど信頼関係の構築が難しくなり、人間関係がこじれてしまいます。

とくに大規模病院では、医師よりも看護師や看護助手など看護ケアにあたるスタッフの方が多い傾向にあります。
看護師と人間関係が悪化した場合、看護スタッフを敵に回すことになるため居づらくなる可能性もゼロではありません。

医療知識が普及している昨今では患者との関係も難しくなっている

最近は看護師だけではなく、患者との関係も難しくなっています。
以前は「医師の言うことは絶対」という雰囲気があり、患者も医師の治療方針や治療計画に逆らうようなことはまずありませんでした。

ところが最近はネット上で医療知識が普及していることもあり、医師の治療法に対して「もっと違う方法があるはず」「誤診ではないですか?」と患者や患者の家族が異議を唱えることも増えました。
さらにモンスター患者も増え、患者に対する扱いを一歩間違えると、医師個人だけではなく病院全体が大きなトラブルに発展する可能性もあります。

医師自身がトラブルを呼びこんでいる場合もある

一度こじれた人間関係を修復するのはなかなか難しいため、トラブルのない病院で新たにキャリアを積み上げたいと望む医師の気持ちはわからないでもありません。
ですが医師自身がトラブルを呼びこんでしまう性格や行動パターンをもっている場合、転職が根本的な解決にはならないでしょう。

もし人間関係のトラブルで転職を考えている場合は、それまでの経過をよく振り返り、自分自身に非はなかったか、もしかすると今の職場でトラブル修復が可能ではないのか?
など、じっくり考える時間を持つことをおすすめします。
なぜなら安易な転職は、さらなる転職を呼ぶ可能性があるからです。
詳しくは医師転職ガイドにも記載されてますので、チェックしてみてください。